忍者ブログ

School of Lights ブログ

星野サーシャ ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原始の楽園~レムリアワーク~

<2009年1月30日 mixiの日記より…>
1066993879_33.jpg1066993879_3.jpg







1月18日 勝川にて、マイミクの「crystal mana&hiro」さんとのレムリア~愛と調和のエネルギーを取り戻すのコラボワークを行いました。

マナさんとのクリスタルボウルの響きの中、レムリアのマントラ、私、サーシャが呼吸法の行い方を伝え、マナさんのオーラの調整をリード。
その間、私が、オーラの状態をチェック、アドバイスなどをさせて頂き、解放のワークへと突入。

それまでにリーディングさせて頂いた参加者各々の守護神霊、過去世、チャクラの状態などをチェックさせていただき、気づいたメッセージを13名様、個々に話をさせていただきました。
私は、初めてお会いする方ばかりでしたが、参加者の方の意識の高さは、「さすが!」と思うことばかりで、たくさん学ばせていただきました。 過去世、僧侶、シスターなどの聖職者が多く、つつましやかで、尊厳あり、謙虚で、素晴らしい方々ばかりでした。

解放のワークでは、皆が、それぞれがかかえる、不必要な想念をまずは、出して浄めるというやり方で、マナさんのリードで、皆が一斉に様々なものを吐き出し、私が、アフォメーションを伝え、全員で、真実の自分を生きる宣言をしました。

午後は、神聖幾何学のグリッドを使った、場を整える調整にて、天、地、陰、陽の合体をさせ、そこに、エネルギー磁場を整え、宇宙軸よりの柱を結びました。

このグリッドは、レムリアを意識した時に降りてきたもの。 円と4つの幾何学の合体、そして螺旋。
水、火、空(風)、地 全ての要素は、縦と横のラインを結ぶもの。 クロスを作り、天地、陰陽合体の一元世界の再現を促す要となるもの。

この場は、立体構造となり、多次元からのタイムマシーン、となる場。
レムリアの水晶宮殿とつながる場。そして、実際、そこには、巨大な水晶、翡翠などの柱、神殿とつながった場がありました。

実際、私の目には、集まっている精霊、天使達、また翼をもったドラゴン、ユニコーンなどが集結し、これは一体何?  遊園地?はたまた、映画の特撮?と思えるキャスティングで、これが、レムリア!  ~原始の楽園~  と思える場となりました。
数日前から召集にスタンバイするように頭上を飛んで普段ではありえない聖なる伝説上の生き物たちが生きてきているぴかぴか(新しい)
確かに、数日前より、見慣れない彼らがいたのはいたのですが・・・。集結するとねぴかぴか(新しい)

いわずとしれたマナさんや、参加者の方の意識の高さもあり、呼ばずして、天使を背後につけてきてくださった方、過去においての天空族、龍族の方などの応援もあり、素晴らしい特撮風景となりましたわーい(嬉しい顔)

祝福の儀式ぴかぴか(新しい)こちらは、古代の祝福を受けた洗礼の巫女を模写した衣装をそれぞれが身につけ、レムリアのグリッドの中で、洗礼、各々の誓いを行うもの。

私の各々への降りてきたメッセージを伝え、必要があれば、ヒーリング(マナさんのクリスタル)を行い、最後は参加者全員からの、「祝福あれ!」の名の元にフラワーシャワー、羽を受け、心も体も祝福を受けるもの。 円陣を退出、交代。こうして、13名の方が各々に皆による祝福を受けました。

祝福の後は、宴の踊りチャペル
hiroさんのクリスタルと私、サーシャのシンセサイザーとのコラボによる心身の調整を伴なった、バランスを取り戻すダンスは、皆で最高の時を分かち合うクライマックス!

妖精たちは、まってましたとばかりに、手をとり、参加者と踊りあいましたわーい(嬉しい顔)
踊って忘れ、回って、別次元からのエネルギーを得る、恥ずかしいという枠を超え、自他とも素直に命の響き、躍動そのものを奏でるダンス。 現代人は、この最高の解放をなかなか体で表す機会がない。

かくゆう私もその一人ですが、皆がそれぞれに本当に自分のしたい姿で踊っていたはず?なので、私もそれを見ながらとても幸せにひたれました。
最後は、そのエネルギーを落ち着かせ、参加してくださった神々、精霊たちに、感謝の祈りを捧げ、交流のエネルギーを受け取り、ハートチャクラに収めました。
終わってからは、野菜、ナッツ、おだんごなどのお供えもの、ハーブティを飲みながら、シェアリングを行い、この脱日常的な体験を通して得たものの確認をしあいました。

参加者の方、マナさん、hiroさん、有意義な時間を共有してくださり、本当にありがとうございました。

皆様からのたくさんの学びに感謝です。 私もたくさんの恩恵を受けさせていただきました。

マナさん、hiroさんとのコラボは、平日希望の方がいらしたようで、2月24日にも勝川にて開催されます。この機会にアルケミックのクリスタルボウルの魅力に触れるのも素晴らしいですよぴかぴか(新しい)
参加費: 1万円

以下は、私サーシャのワーク案内となります。内容は、若干異なります。
●第4回ワークショップ 1月31日(土)「school of lights」

レムリアの再現~愛と調和エネルギーを取り戻す~

○直観力を取り戻す遊び
○オーラの調整・エネルギーワーク
○心身のバランス調整
○呼吸法
○解放のワーク
○神聖幾何学ワーク
○祝福の儀式
○天使、ガイド達からのメッセージを受ける
○喜びのダンス

場所:愛知県知立市知立駅前徒歩3分  
10:00~15:30頃  
参加費:4000円  昼食(五穀米、ハッシュドポーク)+飲み物+お菓子付
講師:星野サーシャ  
e-mail:school_of_lights☆yahoo.co.jp
 kira.kairu.sarnon714☆softbank.ne.jp
 (スパムメール対策です。☆を@に変えて送信してください) 

様々なエネルギーワーク、直観力を養う訓練、シェアリングなどと共に… 参加者全員で、神聖幾何学による結界、エネルギー磁場を作り、かつての古代文明レムリア大陸の愛と調和のエネルギーを完全に降ろします。

天使、四大精霊、龍、ペガサスなどを呼びだし、魂が誕生した際に受けた祝福の儀式を一人一人行っていき、生バラやに羽によるフラワーシャワー、個々にリーディングしたメッセージを伝えていきます。
レムリアの二元対立のない調和エネルギーは痛みを手放し、分離のない天地一体の自己を取り戻すでしょう。
原点回帰のエネルギーを満した方は、カー(エネルギー経路)の活性化、自己への信頼、精霊達との一体感や、さらなる他者への共感を深められるでしょう。魂の封印解除が必要な方はなされ、過去のブロック、トラウマを解放していけます。わーい(嬉しい顔)

PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

HN:
星野サーシャ
性別:
女性
職業:
スピリチュアル カウンセラー
自己紹介:
幼少の頃より、妖精、精霊などと話をし、高校生の頃からは幽体離脱、肉体を伴うテレポートをし、太陽系、UFO艦内、異次元界、いろいろなところに訪れ、目に見えるものが全てではないこと知りました
と同時に想念の世界の深遠さ、自らを浄め、カルマパターンの解放を行うことを知り、コンタクトのあったアンドロメダ・金星のマスター(アンタレス)、ハイラーキーたちより、チャネルを通じて、様々なことを教えられました。
(時代の恩恵、宇宙のフォトンの流れにより、私だけでなく、全ての人に光の使者達は平等に降りてきています。望むか望まないかだけ、認識するのを選択するかそうでないだけなのだと思います。)

1990年代の後半より、太陽神ラー、プレアデスの光の使者達とのワークの中、ヒーリングの技法を学びました。私の中にも解放すべき過去世からの宿題がありました
自らの対となるマスターハイアーセルフと出会った時、恋におちいるが、男性性、女性性のバランス調整、多次元にまたがるハイアーセルフの統合、エゴの変容のために現れたことで、趣旨を知り、自身のガイドとして以後、ヒーリングワークを行うことになりました。
24時間にわたる異次元界でのワークは自分の未熟さの克服、どの人の中にもある聖なる本質を見出すこと、と同時に肉体をもつことにより変容された様々なブロック除去の方法と必要性を認識しました
職業については、様々な職を経験しましたが、添乗員として、7年以上、海外に赴き多くの人と接することを主としました
タイにて、タイ古式マッサージ(ボディー・フット)免許を取得。
自らのカルマパターンを清算すると共に、世界平和の祈りの活動も行わさせてもらっています

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]