忍者ブログ

School of Lights ブログ

星野サーシャ ブログ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

第1回 school of lights 「光の学校」 ワークショップ報告&第3回開催案内

<2008年12月09日 mixiの日記より…>

1018210941_17.jpg1018210941_101.jpg 







趣旨について

school of lights 「光の学校」では、誰もが自由に参加し、光の学びあいの場、癒やし、分かち合う場として、ヒーリング全般、祈りなどのスクーリング、シェアリングをしていきたいと思います。現在、複数のヒーラー、講師が参加しています。

古き良き時代の神殿の光を再現し、高次に共存する光のシティーからのマスター達のサポートを借りて、己の神性意識顕現のための学びをする場としていきます。

毎回テーマを変え、様々なイニシエーションを通して、自己と向き合います。それと同時に、傷ついている人がいたら、皆で分かち合い、癒やしあう、一人ではできないことも皆ならできる。そう信じています。



第3回ワークショップ 12月20日(土曜日)10~15時:
1時より、鍋パーティー(カクテル・飲物有)+飲物+ケーキ+プレゼント付き
テーマは己のテーマをみつめる~インナーチャイルドを癒す~
個人リーディング(インナーチャイルドや克服すべきテーマリーディング)付き+七つの神性意識顕現の場の行事

料金は¥4000です。(午前¥2000+午後¥2000)


心も体も温めるのが目的です 一人ではなしえなかった共感、ぬくもり、内なる子供がワクワクするサプライズ が共にありますようにクリスマス

 


去る10月26日(10時~15時)に第1回を行いました。

参加費はお弁当+ケーキ&お茶+プレゼント付で ¥2000でした。
内容は、以下です。
第2回(11月22日)「アトランティスの覚醒の光」は後日日記で報告します

School of Lights 1st

高次元・光の使者達からの癒やしでは、各々が光のシティーにある神殿へ行くというテーマが降りてきました。
参加者の方々の意識レベル(ヒーリングや祈りに関わった時間などがそれぞれ違うため若干生じる理解度)により、到達できた方、そうでなかった方々などがいらっしゃいましたが、守護神霊が、一人残らず、漏らさずという意識で抱きかかえて、時間がかかっても、肉体意識をもっていかれたその姿に、涙がでました。

地球へ転生した祈りのマスターが到達できない意識達を抱きかかえ、
「愛されてないと感じてはならないよ。皆が愛されているんだ。それだけを伝えたいのだよ。自分はできないなどと、一切の疎外感を感じてはならないんだよ。愛が一番なんだからね」としきりに私に伝えてくれていました。

見える人、見えない人、あるいは、わかる人、わからない人など様々ですが、こんなにもそれぞれが愛され、それぞれが価値ある大切な一人ひとりであるのだと教えられた時間となりました。

結果、参加者全員で、光の神殿に行き、智恵の杖を受け取る方、巻物(アカシック記憶体)を受け取る方、それぞれが意味のあるものを受け取られてきました。

「ユニバーサルマインドへようこそ」という言葉と共に、私の意識は飛び、メタトロンの意識の中にたゆたう「他者を包括する全ての」の意識と一体となりました。

それでも、誘導し、見えていること、聞こえていることを皆に、伝えないといけないという現実と、飛んでしまった数人と共に、帰ってくることが困難でしたが、時間のこともあるので、次元降下し、形ある世界へ、余儀なく戻ってきました。

参加者の方も同じく「今までここまで、深い瞑想状態に入ったことがなかった。初めての感覚だった。」
「最初から最後まで、ずっと、涙がとまらなかった」 「守護の神霊、ガイドたちに愛されているのが本当に理解できた」 
「観音様の手がいっぱい」などとの感想を頂きました。

中央に神々達が座していたのですが、彼らは、その場から降り、一人ひとりを抱きかかえにいっていたのを私と同様、見えていた人もいたようです。

盛りだくさん過ぎる?欲張りなプログラムを作った私は、全プログラムを終えたのが1時間半オーバーとなり、内容を現実の時間にあわせて、吟味しなければいけないという反省ができましたが、天地肉霊、一つになり、愛を感じあえたという一番の目標を達成でき、つたない私の指導を許してくれた、皆に、感謝の気持がいっぱいの一日でした。

参加してくださった方、私を許してくださって、本当に有難うございました。

~ Program ~

● 簡単な祈り
● 趣旨・概要説明
● 簡単な自己紹介
● 場の浄化の行い方
● エネルギーワーク
(エネルギーを感じ、使えるようになるため・エネルギーに意志をもたせる練習、
神性意識の自動活性化、オーラの調整の行い方)
● 地球世界感謝の祈り
● グラウンディングの行い方
● 呼吸法
~ Lunch Time (お弁当)~

● 直観力を養う訓練
● 古代ハワイの癒しのプログラム 説明
  円陣を組み、中央に人を入れ、「 I am sorry。I Love You」の祈り
 ~集団による集中的な愛の祈り~
シェアリング~見えてきたブロック、過去世などの癒やし~
● 高次元・光の使者達からの癒やし(プレアデスワーク・エンジェルセラピー)
~光のシティーの神殿へ行く~
ハイアーセルフ・天使からのメッセージを受け取る~

● お互いの良いところをお互いが伝えあうリーディングの練習
● リーディング内容・アフォメーションなどを書き記す

~ Tea & Cake Time ~

● エンジェルカードで各自、今後のテーマを受け取る 
~プレゼント選び、受け取り~
● 感謝の祈り・ ハグ

● 男性性・女性性のバランスをとるための瞑想

● 各自、自由時間 (シェアリング)
PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

HN:
星野サーシャ
性別:
女性
職業:
スピリチュアル カウンセラー
自己紹介:
幼少の頃より、妖精、精霊などと話をし、高校生の頃からは幽体離脱、肉体を伴うテレポートをし、太陽系、UFO艦内、異次元界、いろいろなところに訪れ、目に見えるものが全てではないこと知りました
と同時に想念の世界の深遠さ、自らを浄め、カルマパターンの解放を行うことを知り、コンタクトのあったアンドロメダ・金星のマスター(アンタレス)、ハイラーキーたちより、チャネルを通じて、様々なことを教えられました。
(時代の恩恵、宇宙のフォトンの流れにより、私だけでなく、全ての人に光の使者達は平等に降りてきています。望むか望まないかだけ、認識するのを選択するかそうでないだけなのだと思います。)

1990年代の後半より、太陽神ラー、プレアデスの光の使者達とのワークの中、ヒーリングの技法を学びました。私の中にも解放すべき過去世からの宿題がありました
自らの対となるマスターハイアーセルフと出会った時、恋におちいるが、男性性、女性性のバランス調整、多次元にまたがるハイアーセルフの統合、エゴの変容のために現れたことで、趣旨を知り、自身のガイドとして以後、ヒーリングワークを行うことになりました。
24時間にわたる異次元界でのワークは自分の未熟さの克服、どの人の中にもある聖なる本質を見出すこと、と同時に肉体をもつことにより変容された様々なブロック除去の方法と必要性を認識しました
職業については、様々な職を経験しましたが、添乗員として、7年以上、海外に赴き多くの人と接することを主としました
タイにて、タイ古式マッサージ(ボディー・フット)免許を取得。
自らのカルマパターンを清算すると共に、世界平和の祈りの活動も行わさせてもらっています

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]